×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

パスポート(旅券)申請

 

以下は、初めてパスポートを申請する時の例である。パスポートについての詳細や

お問い合わせは、国内での申請の場合は各都道府県の申請窓口、国外での申請の場合は、

各在外公館まで。

 

パスポートを申請するためには次の書類が必要。

 

1.一般旅券発給申請書 1

(国外で申請する場合は、2通)

申請書は、パスポート申請窓口、または市役所役場で入手できる。

申請書は、5年有効なパスポート申請用(5年用)と10年有効なパスポート申請用(10年用)

2種類に分けられている。

 

2.戸籍謄()本 1通

申請日前6ヶ月以内に作成されたもの。

 

3.住民票の写し 1

(住民基本台帳ネットワークシステムの運用を開始した都道府県の申請窓口で申請を

する方は、原則不要。国外で申請する場合は不要。)

本籍の記載が必要。

申請日前6ヶ月以内に作成されたもの。

 

4.写真1枚(国外で申請する場合は、2枚。)

縦4.5cm×横3.5cmの縁なしで、無背景(薄い色)の写真。

申請日前6ヶ月以内に撮影されたもの。

無帽で正面をむいたもので、頭頂からあごまでが27±2mmであるなど申請書に記載

されている規格を満たしていることが必要。

写真の裏面に申請者の氏名を記入する。

 

5.官製はがき1

(国外で申請する場合は、不要。)

未使用のもの。宛先として住民票どおりの申請者の住所氏名を記入すること。

 

6.申請者本人に間違いないことを確認できる書類

(有効な書類の原本に限ります。)

()1点で良い書類(一部省略)

運転免許証、船員手帳、宅地建物取引主者証など

()2点必要な書類

AとBの各1点、またはAから2点を提示する。

A:健康保険証、国民保険証、共済組合員証、船員保険証、国民年金証書(手帳)

厚生年金証書(手帳)、船員保険年金証書(手帳)、恩給証書、共済年金証書、

印鑑登録証明書(登録した印鑑も必要です。) 写真付き身体障害者手帳、等。

B:次の内、写真が付いてあるもの

学生証、会社の身分証明書、公の機関が発行した資格証明書等

(印鑑が必要な場合があります。)

 

  上に掲げられている書類を全部そろえて、住民登録をしている都道府県の

パスポート申請窓口で申請する。

申請から受領までに、通常1週間程度(土・日・休日を除いて)が必要。

 

     未成年者(20歳未満)が申請する場合

申請書面の「法定代理人署名」欄に親権者(父または母)または、後見人が必ず署名

すること。

親権者または、後見人の署名のある同意書を提出しなければならない。

その他親権者または、後見人の署名を得ることができない事情がある場合には、

都道府県旅券事務所に相談する。

 

パスポートを受け取る時には、次のものを持って、

本人が必ず交付(申請)窓口に行く。

 

1.申請の時に渡された受理票(受領証)

2.手数料(必要額の収入証紙および収入印紙を受領証に貼付する。)

パスポート申請の種類

収入証紙

収入印紙

合計

新規発給申請

 10年間有効 (20歳以上)

2,000 円

14,000 円

16,000 円

 5年間有効 (12歳以上)

2,000 円

9,000 円

11,000 円

 5年間有効 (12歳未満)

2,000 円

4,000 円

6,000 円

訂正申請

200 円

700 円

900 円

査証欄増補申請

500 円

2,000 円

2,500 円

限定旅券の新規発給申請

2,000 円

4,000 円

6,000 円

限定旅券の渡航先追加申請

300 円

1,300 円

1,600 円


※ この手数料一覧は
平成18年3月20日以降に受け付けた申請の手数料です。

※ 年齢は旅券申請日における申請者の年齢です。

 

参考頁:パスポート申請についての東京都のホームページは、こちらです。

 

 

戻る